どこからが浮気か

先日今お付き合いをしている彼と、どこからが浮気かという話になりました。私も彼も、浮気は悪いものだという意見でしたが、どこからかという境界線が微妙に異なり、中々面白かったです。

 私の考える浮気というのは、恋人に隠して異性と会う事だと思います。疾しい気持ちがないのなら隠す必要はないし、きちんとした理由があれば、たとえ2人きりであろうとも、彼が異性の友人と会う事には反対しません。また浮気とは言わないかもしれませんが、恋人の存在を隠すことも納得できません。いずれにせよ、恋人にいらぬ心配をかけない、不安な気持ちにさせないという事が大事だと思います。
 一方で彼の考える浮気とは、気持ちが動いたらだと言います。その考えには賛成できず、じゃあ私が好きなのは彼氏だけど、他の男の人と2人で出かけたり、手をつないだりするのは良いのかと尋ねたら、それはあり得ないと言った矛盾した答えが返ってきました。彼が言うには、会社の付き合いでキャバクラとかに行く機会はあるけれど、それは浮気じゃないということでした。今まで彼氏がキャバクラに行こうが、浮気だと責めたことはなかったのですが、彼なりに心配していたのかなと思いました。また客観的に言えばとのことで、いざ自分の立場になれば、友達だろうと異性とメールなどで連絡を取り合う事も面白くないそうです。この話を聞き、知らず知らずの内に彼に嫌な思いと不安な気持ちを与えていたのかなと、反省しています。
 私たちの考え以外にも、浮気の定義は沢山あると思います。浮気に限らず、恋人にはいつも笑っていてほしいと思いました。

«
»