話をする時のコツとは

いろいろ話を聞く機会というのはありますが、ある人の話はとても興味深く引き込まれていき、ある人の話はさっぱり何をいいたいのかわからなかったりします。
何がちがうのでしょうか?いつも話を聞く機会があると分析しています。

興味深い話をする人は、よくたとえを使います。
たとえによって、相手の言いたいことがはっきり伝わってきます。
また、記憶に残ります。
でも、そういったたとえってなかなか思いつかないですよね。
そこで、話の上手な方に、どうやってそんなたとえを思いつくのか聞いてみました。
すると、普段から周りを注意して歩き、たとえに使えないかどうか考えるのだそうです。
また、本などをよんでいていいたとえがあるとノートに書きだしておくのだそうです。
上手な話し手というのは、普段から努力しているのですね。
急に上手に、また興味深く扱うなんて無理なんですね。
また、普段から努力しているという話を聞いて思い出したのは、記憶力のいい人の話です。
記憶力のいい人も、普段ボーっと話を聞いて覚えているのではなく、頭に記憶していくものを描いていくといいます。
しかも、おぼえやすいように特徴を強調するような絵を思い描くのだそうです。
そうやって常に頭を使って生活しているそうです。
同じ頭なのに、私の頭は普段ボーとして使われていません。
きっと神経網も簡単なんだろうなあと思います。
やはり人は常に向上心を持って、常に頭を働かせて生活する必要があるんだなあと思いました。

おすすめチタンピアス
ピアスホールの痒みに悩まされ続けている人はノンアレルギーのチタン製ピアスが安全です
www.nadeshiko-st.com/

»