春が来ている気配

秋から冬にかけて、どんどん葉が枯れて落ちてゆき、今では、茎だけが残っているような観葉植物。
でも、最近新しい芽がでていることに気づきました。
生き残った茎から新しい芽がでているのです。
また、土からも新しい芽がでてきていました。

外は雪が降って、寒いですね。
また、家の中もいつも同じ温度。
でも、植物はしっかり春を感じ取っているのです。
日の光から感じとっているのでしょうね。
すごいです。
そして、そんな植物の芽が日に日に大きくなっていく姿はとてもうれしいものです。
今はほとんど茎しか残っていない植物ですが、これからどんどん新しい芽を出してきてなつには青々とした食物になっていきます。
はじめは、葉がどんどん枯れて落ちていき、冬には茎しかのこらないこの植物を、枯れたと勘違いして捨てようとしていました。
でも、茎はいつまでも緑のままなのでためしにそのまま春まで置いといてあげました。
すると、今のように芽がどんどんでてきたのです。
そして夏になるころには、すっかり前の年のように青々とした植物になったのです。
毎年、新しい葉になるためとてもきれいです。
冬はとてもさみしい植物ですが、その芽の成長は私にとって楽しみのひとつです。
今年も私の楽しみがはじまりました。
春が近づくにつれて、ひとつひとつ新しい芽がでて葉が大きくなっていくことでしょう。
春は、もうそこまで来ているのですね。
私たちには見えない変化、植物はかなり前から知っていて、春の準備を始めていました。

オフィスの風景
エクセルシフト表取込機能付き就業管理
エクセルのシフト表を取込んで勤務実績一覧に表示できる就業管理システム
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«