高級鉄道の旅

近年、高級鉄道でいく旅が人気です。
昔から外国の小説や映画でも、寝台列車というのはお馴染みだし、日本国内でも根強いファンのいる旅の方法ではあります。
何となくサスペンスの印象もついているような気もしますが、実際にそんなに事件が起こったら営業が続くわけがありません。

それはさておき、特に最近また注目されるようになったのは、九州で開通した超豪華列車に端を発するでしょう。
テレビでもよく特集を組まれています。

個人的に驚くのは、シャワーや洗面台で水が使えることです。
これはほとんどの寝台列車でも付いているようですが、なんと革新的な技術でしょうか。
新幹線や飛行機の水洗トイレと実力伯仲だな、と思います。

車内を見ると、とても列車の中とは思えないような部屋のつくりに、豪華なディナーが食べられるダイニング・カー。
これはまるで酒脱なバーのような雰囲気だったりするのです。

出される料理も、車内で調理していることがにわかに信じられないような揚げ物だったりステーキだったり、が出されます。
本当にすごいこと。

限られた空間と条件の中で、それを感じさせないサービスを提供するというのは一体どれだけの献身的なプロ意識でしょうか。
それを体験するためだったら、高額の宿泊料も納得というものです。
とはいうものの、やはり一泊で出せる金額の許容範囲というものがあるので、庶民である自分には到底夢の話ではありますが。

現在キャンセル待ちが何年か先まで埋まっているというからこれには驚きです。
いずれ老後には、こういう旅ができるような余裕が欲しいな、と思うこのごろです。

チタンピアスの魅力
チタンピアスの魅力は安全性とデザインの豊富さ。専門店のみで買えることに価値がある。
www.nadeshiko-st.com/

»