ケータイかスマホか

初めて携帯電話を買ってもらったのは、私が中学1年生の時です。私の周りの友達でも携帯電話を持ち始めた子が増え、私も欲しいと親に駄々をこね、買ってもらいました。初めて手にした携帯電話は、ホワイトの二つ折りの携帯で、父と一緒に買いに行った時に、自分で選んで決めました。

好きだったキャラクターのストラップをつけ、辞書を参考に、格好良いメールアドレスにしようと、携帯電話を手に入れた私は、とても舞い上がっていました。学校では友達とアドレス交換を行い、毎日他愛のない内容のメールをしました。
 しばらくその携帯を使っていましたが、高校に入学する少し前に、新しい機種に買い替えました。それが初めてのカメラ付き携帯だったのですが、今の携帯に比べると、画質もかなり悪いのですが、嬉しくて沢山写真を撮りました。
 その後何度か買い替えたりしながらいたのですが、大学生の頃、バイト仲間といった海で、携帯をなくしてしまいました。一緒にいたみんなが探してくれたのですが、見つける事が出来す、諦めて帰りました。家に帰り、父と一緒に新しい携帯を買いに行ったのですが、友達の連絡先が1つも分からなくなってしまい、とても悲しかったです。それ以降、落としたり、なくしたりしないよう、注意して生活を送っています。
 今は小学生でも携帯電話を持つ子が多いそうです。また私自身も、携帯は生活の一部となっており、携帯無しの生活は考えられません。しかし便利になる一方で、簡単に連絡が取れるようになったために人間関係が希薄化し、犯罪等も増えていると思います。依存し過ぎないよう、気を付けようと思います。

«
»