運動オンチの私が誇れること

学生の時、何が一番嫌かと言うと、走っている姿を見られることでした。
恐ろしい程の運動オンチである私。
初めから、優れた成績を期待しているわけではありません。

それよりも、前を走る人と少しでも距離が離れないようにと、ただそれを願うばかりでした。
なぜなら、私の後ろにはいつも誰もいないからです。
そんな私ですから、恐らく走っている姿も非常にみっともなかったのだと思います。
必死によたよたとグランドを走っている私を見て、運動が得意な男の子の後輩がセンスないなと笑っていたそうなのです。
運動が得意な人から見れば、きっと何もかもお見通しなのでしょう。
それは分かっているけど、これが精一杯。
どうすることもできないのです。
何より地獄は、一年に一度あるマラソン大会。
もちろんビリになるのは分かっています。
ただ、やはり前を走っている人との距離を少しでも縮めておきたいのです。
しかし、あれよあれよと言う間に、私は一人取り残されてしまいました。
私がゴールした時、もう既にみんなは教室に戻っていました。
想定内の事ですから気にしませんが、やはり悲しかったことには間違いありません。
そんな私でしたが、中学校も高校でも一回もずる休みしたことがないことを、私は褒めて良いのではないかと思うのです。
優れたスポーツ選手が更に上を目指して、頑張っているのももちろん素晴らしいことだと思います。
しかし、全くもって才能の無い笑われてばかりの人間が逃げずに義務を果たしたという事も、なかなかすばらしいことではないでしょうか。
なんて、ただの自己満足かもしれませんね。

«
»